ぼくらはみんな生きていく

医療的ケアの力を借りてご機嫌に生きる、重症心身障害児の娘の闘病記録や日々の暮らし、医療や福祉など母の頭の中のあれこれを書くブログ

側弯とプレーリーくん

学校を卒業してしまったのでみんなより一足お先に春休みです。

春休み中は朝から放課後等デイサービス(以下放デイ)に週三回遊びに行かせてもらってます。ありがたい~。

 

小学部入学時は医ケア児の行ける放デイは市内にはなく、学校以外に行き場がなかったので放課後も長期休みもお楽しみが少なかった。

二年前からできた今お世話になってる放デイは救世主。めちゃくちゃ楽しんで通ってます。

 

整形外科定期受診

今日は放デイを少し早く切り上げ早退し、三か月に一回の整形外科受診。

めいは側弯と股関節脱臼(右亜脱臼、左脱臼)のフォローをしてもらっています。

今日は側弯の話。

 

「側弯症(そくわんしょう)」とは背骨が左右に弯曲した状態で、背骨自体のねじれを伴うことがあります。通常、小児期にみられる脊柱変形を指します。 左右の肩の高さの違い、肩甲骨の突出、腰の高さの非対称、胸郭(きょうかく)の変形、肋骨や腰部の隆起(前かがみをした姿勢で後ろから背中をみた場合)、などの変形を生じます。
側弯が進行すると、腰背部痛や心肺機能の低下をきたすことがあります。

引用元:「側弯症」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる

 

股関節脱臼に関しては幸い痛みがなく、股関節の動きが悪くなったりもしておらず、歩いたりしないめいの生活には支障がないので、手術はせず定期受診と経過観察をつづけている状態です。

 

側弯については「プレーリーくん」というなんともかわいい名前のコルセットを作ってもらい装着しています。

今の物で二代目です。

 

prairie-kun.osaka-drc.jp

 

つけ方に多少のコツがいるのですが、サイトに掲載されている装着方法の動画や説明がとてもわかりやすい。装着し始めた頃にすごく助かりました!

(病院で一通り説明を受けて帰るのだけど、家に帰るころにはどうだったっけ…?となっている)

学校の先生や放課後等デイサービスのスタッフさんなどへの情報共有もしやすかったです。

f:id:megumeimusic:20190318214231j:plain

正面から見た図。

f:id:megumeimusic:20190318213831j:plain

横から見た図。

こんな感じの、本人の装着写真と併せて見てもらいました。

 

作成時色もかなりたくさんの中から選べたので、前回はピンクにしたんですが、着る服がどんなでもいいように今回はシンプルに黒。

もうお姉さんやからねっ。

 

プレーリーくんのフィッティングチェックなどして今日は終了でした。

 

帰宅後

今日は訪問入浴の日。

卒業祝いに友達がくれたバスソルトをつかってもらった。

f:id:megumeimusic:20190318215528j:普通

かわいい。まず見た目がかわいい。

 

部屋中林檎のいいにおーい。最高やんか、めいめーい!

ごきげんバスタイムでした。

 

訪問入浴についても、また紹介しようかな。

 

いいにおいのお風呂でほっこりして、今日はえらく早く寝てしまった。

お疲れ様。今日も楽しかったね!