ぼくらはみんな生きていく

医療的ケアの力を借りてご機嫌に生きる、重症心身障害児の娘の闘病記録や日々の暮らし、医療や福祉など母の頭の中のあれこれを書くブログ

会いたい人に会いにゆく

毎年のように、GW前後に入院するめい。

今年も警戒して大きな予定は特に入れず、ゆっくりペースで過ごしていたのですが…今年はなんだか元気だぞ…!?

ということで、県外にいる私のおばあちゃん(めいのひいばあちゃん)に会いに行ってきました。

 

会いたい人に会いに行く

おばあちゃんは93歳。

働き者で、元気で、明るくて、面白くて、料理がおいしくて。

大好きな自慢のおばあちゃんです。

年を取り、今は会いに行っても眠っていることがほとんどのおばあちゃん。

私のことも誰か思い出せないようで、今回もあまりわかってないかな?と思っていたのですが、めいをおばあちゃんの隣に横にならせると、とたんにシャキッとするおばあちゃん。

f:id:megumeimusic:20190505201324j:plain

仲のいいふたり。

 

話そうとしてもあまり声も出なかったのに、めいには手を握って

「冷たい手やなぁ!」

と大きな声で言い、温めてくれようとしたり、にこにこして頬をなでてくれたり。

めいもおばあちゃんの隣でにこにこ。体もやたらよく動いておばあちゃんを蹴飛ばしそうな勢い。

どうも相性が良いみたいで、お互いにやる気スイッチを押しあっていた様子。

 

元々めんどくさがりで出不精、おうち大好きな私。その上めいと暮らしていると無理しない癖が染みついているけれど、会いたい人に会うことだけはしたいなと思います。でないと後悔することを、知っているから。

 

また会いに行くね、おばあちゃん。