ぼくらはみんな生きていく

医療的ケアの力を借りてご機嫌に生きる、重症心身障害児の娘の闘病記録や日々の暮らし、医療や福祉など母の頭の中のあれこれを書くブログ

退院【周期性嘔吐症疑いと今後のこと】

6月17日に、無事退院しました。

今回の入院で初めて耳にした周期性嘔吐症(疑い)のこととか、色々記録してこうと思います。

周期性嘔吐の話は前回記事をどうぞ↓

www.megumeimusic.com

 

入院から退院までの流れ

ちょっと時系列で整理しておこうと思います。

6月10日

下校時刻間際、教室から放課後等デイサービス(以下放デイ)の車に移動中に嘔吐。

学校から母に放デイ利用とりやめとお迎え要請の電話あり。

そこから吐き気が止まらなくなり激しい嘔吐を繰り返す。

病院へ直行、入院。

点滴開始、プリンペラン(嘔気止め)投与、絶飲食。夜には嘔吐が止まる。

聴診するとお腹がほとんど動いていない。

6月12日

注入開始。まずは水分、ソリタ水から。問題なし。

ずっと寝ている。呼吸器が外せない。

6月13日

白湯で薄めたエネーボ注入、問題なし。

6月14日

エネーボ原液注入、問題なし。点滴が外れる。

この日からレスパイト予定だった。そのまま入院続行。

6月15、16日

口からご飯も食べ始める。控えめながら問題なく食べる。元気。

6月17日

退院。

吐き気止めの座薬ナウゼリンを持って帰る。

 

今後

今後も繰り返し同じようなことが起こる可能性が高いので、学校の先生や看護師さんたちと作戦会議。

  • ナウゼリンと嘔吐対策グッズを学校に置いておく(ペットシーツ、タオル、大量に)
  • お腹の聴診、観察。動いていなけ早めに浣腸?
  • 便秘用に頓服で処方されている薬(六君子湯、大建中湯、パントシンを混ぜたもの)を早めに飲む?
  • 嘔吐した日空気の呑み込みがかなりひどく700㏄程胃から空気が引けた。早めに脱気用空ボトル装着、胃ろう解放

など意見が出た。

今後も観察を続けて、何か見落としているサインはないか、前兆はないか、気づいたことがあれば共有していきましょう、何かみつけましょう!と先生。

ありがたい(´;ω;`)

あ、あと、これほしいな…先生たちも欲しがってたので忘れず薬局さんに相談しよう。

今年は、1月、3月、6月とまったく同じシチュエーションで嘔吐し入院、まったく同じ経過を辿っているので、またあるんだろうな…とぼんやり覚悟はできています。

防げる嘔吐なのか、防げない嘔吐なのか(後者のような気はしてる…弱気)くわからないけど、とりあえず観察続行。

 

退院翌日は楽しみにしていたプールだったんだけど、入院疲れからかすやっすやに眠っていたのでお休み。

f:id:megumeimusic:20190619174253j:plain

このアングルの写真山ほどあるわ。前にも見たわ。

次回はその日のことを記録しとこうと思います。

本日はこれまで!では(/・ω・)/