ぼくらはみんな生きていく

医療的ケア児の娘のこと。医療、福祉、母の頭の中のあれこれを書くブログ。

猫と娘と猫と【すきまの話】

前回に引き続き、猫の話です。

前回記事はこちら↓

www.megumeimusic.com

 前回は我が家で現在も一緒に暮らしている三毛猫すももの話でした。

今回は、5年前に亡くなった茶トラすきま、変な名前の我が家の末っ子の話です。

 

すきまの話

f:id:megumeimusic:20190816220547j:plain

めいが1歳2か月で初めて家に帰ってきてから約1か月後、少しずつめいとの生活に慣れ始めた頃、姉の友人が猫を拾いました。

 

自宅のどこかから子猫の鳴き声がしていつまでたっても泣き止まず声を辿るとどうやら壁の中にいる様子。

そこで彼は壁にのこぎりで穴を開けて子猫を助け出しました。この家、借家です。

彼の男気に乾杯…!

 

中から出てきたのはまだ片手に乗るサイズの離乳も済んでいない子猫1匹でした。どこかから壁のすきまに母猫が落としてしまい拾えなくなったのかもしれない、とのことでした。

 

自宅(借家)の壁にのこぎりで穴をあけた彼は猫に「すきま」という名前をつけ、そして姉を通じてすきまは我が家に仲間入りすることになりました。

 

病院へ連れて行ったところ推定生後2週間で、まだ授乳が必要でした。めいのお世話で夜中に起きて、ついでに猫の授乳をする日々でした。待ち望んで待ち望んでようやく帰ってきたかわいい娘と、ふってわいた乳飲み子の子猫のお世話とで、ハードながらも頬がゆるみっぱなしの毎日でした。

f:id:megumeimusic:20190816220920j:plain

すきまはめいのことも、すもものことも、私達夫婦のことも、家族みんなのことが大好きでした。

 

とにかく誰かにくっついていたい甘えん坊

小さい体で我が家にやってきたすきまはすくすく大きくなり、すももの倍の体重まで育ちました。

f:id:megumeimusic:20190816221417j:plain

これが

f:id:megumeimusic:20190816221821j:plain

こうなりました。今見てもでかいわ…

 

とにかくめいのことが大好きで大好きで、絶対にひどいことはしませんでした。基本的にグイグイ行くのですが、めいがしんどい日などに

「今日はだめだよ」

と言って聞かせると

f:id:megumeimusic:20190816222051j:plain

そばでそっと見守るだけだったり、もっと遠慮すると

f:id:megumeimusic:20190816222226j:plain

ちょっと触れるだけだったり。

めいには何をされても怒らず、とにかくくっついていられたら満足なようで気付くとしょっちゅうこうなっていました。

f:id:megumeimusic:20190816222415j:plain

そしてこうなる。

めいの写真を撮るとだいたいすきまも一緒に映り込んでたっけ。

f:id:megumeimusic:20190816230003j:plain

すきまにつられてすもももよく一緒にめいにくっついていました。

f:id:megumeimusic:20190816223247j:plain

毎日めいにくっつき、すももにくっつき、私や旦那の後を追いかけまわす、さみしがりで甘えん坊なすきまは、7歳のある日突然、私たちの元からいなくなりました。

 

おもちゃで遊んでやっている最中に突然倒れ、抱き抱えそのまま、合間に人工呼吸と心臓マッサージをしながらすぐに自宅の目の前の動物病院へ駆け込みましたが間に合いませんでした。心臓発作ではないか、とのことでした。

 

突然すぎて、寂しくて悲しくて、喪失感でいっぱいで、胸に大きな穴が開いたようでした。今でも会いたい会いたい毎日です。

今でもずっと、これからも私たちの宝物です。

f:id:megumeimusic:20190816225042j:plain

お盆と言わず、いつでも帰っておいで。化け猫でも、幽霊でもいいからさ。