ぼくらはみんな生きていく

医療的ケア児の娘のこと。医療、福祉、母の頭の中のあれこれを書くブログ。

気管切開患者のお風呂の心強い味方!ネックガードフロンティアの「シャワープロテクター」

めいが気管切開をしてから3年半、すっかり今の生活にも慣れてきました。

気管切開をしてから変わったこと色々ありますが、プールやお風呂に今まで以上に気を使う必要がでてきたということが大きな変化の一つです。

 

めいはプールもお風呂も大好きですが、なにしろ首にある穴は気管に直接繋がっていて、水が入ることは絶対に避けなくてはなりません。めいは日中カニューレを入れずに過ごしているため、なおのこと水が入りやすいので注意が必要です。

 

大好きなお風呂やプールに今より安全に入れてやれたらいいのになぁ、と思っていたところ、今回嬉しいお誘いをいただきました!

 

 

ネックガードフロンティアの「シャワープロテクター」の発売前製品のモニターをさせていただきました!

入浴時気管切開孔への侵入を防ぐ「シャワープロテクター」なるものを開発しているネックガードフロンティアさんよりTwitterのDMからモニターしませんか、のお誘いをいただき、製品化前のものを実際に使わせてもらいました。

(☆追記☆

呼吸器や酸素への対応はしておらず、カニューレ+人工鼻、またはカニューレフリーの永久気管孔患者を想定した製品とのことです)

 

これがとてもよかったのです…!

まだ製品化前のもので、写真や紹介をブログに載せてもいいかお聞きしたところ、許可していただけたので紹介したいと思います!わーい。一個人の感想として、残しておこうと思います!

(ネックガードフロンティアさんありがとうございます!!)

 

実際に送られてきたもの一式はこちら。

f:id:megumeimusic:20210207235303j:image

 

フレームを(あ、上下逆だ…)へこんでいる方を顔側、上に向けて防水シールでぺたんと気管切開孔のまわりに貼りつけます。やわらかいシリコンでできていて、肌へのあたりも優しい感じ。

その上にキャップをはめます。

装着したとろはこんな感じ。

f:id:megumeimusic:20210208220649j:image

キャップ下側に、水は入らず、かつ呼吸はしっかりできる形状の穴が開いていて、装着しても呼吸の妨げには一切なりませんでした。

 

呼吸状態はこれこの通り。

f:id:megumeimusic:20210208190147j:image

100点満点!めい表情もけろり、いつもとかわらずちゃんと呼吸ができている様子でした。

 

めいのようにカニューレフリーの人も、カニューレが入っている人も、カニューレのあるなし関係なくどちらでも使用できるのがこれまたすごいところ。

カニューレありの場合の参考写真はこんな感じ。

f:id:megumeimusic:20210208000155j:image

(こちらはネックガードフロンティアさんからいただいたお写真をお借りしました)

 

高さのあるフレームがあることによってカニューレに干渉することなくキャップを装着することができ、また防水のための壁にもなり、そのフレームを防水テープで固定して更にその上から特殊な形状のキャップをつけることで、気管切開孔まで水が入ることがありません。

特に座位または立位でのシャワーでは本当に安全だと感じました。

この特殊な形状のキャップ、詳しい仕組みについては記載は避けますが、うま〜い具合に考えられたつくりになっていて、訪問入浴スタッフさん達とひっくり返して眺めたりしながら

「ここって…はぁ〜…!こうなってるんや…すごいねこれなら水は入らへんね!よく考えられてるね〜ほぉ〜!」

とお風呂後に大盛り上がり。いやほんと、すごい。

いつ発売されるの?と入浴スタッフさんも興味津々でした。

 

普段気管切開孔に水が入ることを避けるために頭を洗う時にも首をタオルで覆ったり、首や肩を洗う時首にしっかりお湯をかけてあらってやりたいけどギリギリのところは怖いから拭くだけになっていたり、気をつかうポイントは色々。

シャワープロテクターを装着すれば細かいことを気にせず安全に頭も洗えて、普段洗ってやれない部分までお湯をかけて洗うことができました。入浴スタッフさんも、「洗いやすい〜!これいい〜!」ですって。

入浴後はいつもよりもぴかぴかすっきり。

 

製品化が楽しみです。発売発表を心待ちにしております。絶対買う!

改めて、ネックガードフロンティアさん、素晴らしいものを開発してくださり、今回は素敵なお話をいただきありがとうございました。これからも応援しています!

 

ネックガードフロンティアさんのTwitterはこちら↓